×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


Home>>実験室>>第一回
/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->

mini PC「MP915-B」ファンの修理

mini PCについて

mini PC

mini PCとはAOpenから発売されているベアシステムです。
最大の特徴はその外見の小ささで、mac mini風のボディは165×165×55mmとなっています。
この大きさでスーパーマルチドライブを標準装備し、CPUもPentium Mプロセッサを1.73GHzまでサポート、メモリはDDR2 SO-DIMM (533/400) 最大1GB搭載できるなどメインマシンとしても十分な性能を備えています。

静音性も独自のファンを装備することによって、ほとんど気にならないほどです。

なお、現在後継機となるMP945-VX Series が同社から発売されています。

/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->
/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->

このmini PCは省電力性が高いため、負荷のかからないインターネットや、DVD観賞などに使用し大変気に入っていました。

そんなある日、いつものようにmini PCの電源をつけると異常にファンの音がうるさくなっていました。
暫くその状態で使っていると、突然静かになり、さらに使い続けているとPCが突然シャットダウンしてしまいました。PCケースが以上に熱くなっており、ファンが故障したことによる熱暴走だということが判明しました。


原因はファンにあるので、とりあえず中を見てみることに。

外見はまったく問題無いようです。



まだよくわからないのでファンを取り外してみました。

見たところ問題なさそうだが、この状態でPC電源を入れ、ファンをまわしても少し回ってすぐに止まってしまいます。
とりあえずネットで同じファンが売っていないかチェック。

Y.S.TECH 製のBD125010HB

このキーワードを当てにググって見ることに。




結果から言うとこのファンは特殊なものなので単独販売はされていないとの事。

ファンが故障しただけでこのマシンを手放すことはできず、解決策をいくつか考えてみました。
1.水冷化する。
2.ファンを自作する。
3.AOpenに問い合わせる。(ただし保証書は無い)
4.ファンを直す。

水冷にするとせっかくの小型PCが台無しになるということで却下。ファンを自作するのは面倒なので却下。AOpenに直接ファンの予備を売ってもらえるかどうか連絡しようと思いましたが、面倒なことになりそうなのでとりあえず自力でファンを直すことに。



ファンのシールを剥がしてみると.....

一般的なファンと同じでポリワッシャで軸を固定しています。

ポリワッシャを精密-ドライバで取り外す。

2、3mmの小さなポリワッシャ(無くしそう)



ファンの分解

ファンの中から黒い粉が出てきました。
この粉はプラスチックが摩擦で粉になったもの(削りカス)でしょう。

ベアリングは軸がガタついていてこのことが原因でファンが回転しなくなってしまったと思います。
プラスチックの削りカスがベアリングの中に入り、中のボールを傷つけてしまい不具合が生じたのが原因だと考えました。

ということはベアリングを交換し、プラスチックの削りカスが出ないようにしなくてはなりません。
削りカスが出ないようにするにはグリスを塗ればよいので、あとはベアリングを手に入れるだけです。

とにかく、ベアリングを探すことにしました。
ベアリングの寸法を測って見ると、内径1.5mm、外径4.0mm、厚み 2.0mmということが判明しました。


ググって見るとベアリングのばら売りをしているお店発見!


メカニテックというところでベアリングのバラ売りをしていました。
ちなみにベアリング一個480円。mini PCは2個使うので合計960円になってしまいました。少々高いですがこの際仕方ありません。
予備を含めて3個注文することに。

待つこと2週間やっとベアリング到着!

早速組み立ててみることに......



ピッタリ


あっさり組み込み完了しました。


早速動かしてみると.............意外とすんなり回りました。


クーラーを本体に取り付ける。

セロテープを貼ったのは、隙間から風を逃がさないようにするため。(決してセロテープで固定しているわけではありません)



無事完成!




HOMEへ戻る


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド