×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


Home>>目的PC作製ガイド>>高性能・最速マシン
/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->

高性能・最速マシン

自作ユーザーが一度は夢見る最速マシン。予算の許す限り高性能なパーツで自作してみてはいかがでしょうか?


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

最速CPU


PCの核となる部分このCPUの優劣が大きく性能に影響することは言うまでもないでしょう。
現在CPUはAMDとIntel製がありますが、それぞれ性能の高いモデルを挙げてみます。
AMD
Athlon 64 FX 62
Athlon 64 X2

Intel
Pentium D
Core 2 Duo
Core 2 Extreme

この中で最速なのがCore 2 Extremeである。性能は「ベンチマークで見る最新デュアルコアCPUのパフォーマンス」を参考にしていただきたいいかにCore 2 系のプロセッサが優秀であるか分かると思います。
価格も手ごろで、消費電力も少ない、まさに理想のCPUです


メモリ


 出来るだけ動作クロックの大きい物を選びます。DDR2-SDRAM PC6400を選びます。

二枚用意して、デュアルチャンネルにし、動作速度を上げましょう
デュアルチャンネル対応のマザーボードを選びましょう。また、メモリの挿す順番は各マザーボードによって異なりますので、よく取扱説明書をみて確認しましょう。



HDD


 HDDは現在7200rpmのものが主流ですが一部10000rpmもものがあります。データのアクセス速度に影響を与えますので、出来れば高速のものを選びましょう。さらにHDDを2台つなげ、RAID0設定にすることで、アクセス速度を飛躍的に向上させることが出来ます。

RAID0についての説明はこちらをご覧ください



マザーボード


 マザーボードのチップセットによって使用できるCPU、デュアルチャンネル、RAID0が使えるか使えないかが決まります。各パーツの性能を、十分に発揮させることが出来るマザーボードを選びましょう。




HOMEへ戻る


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド