×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


Home>>ワンポイントアドバイス>>CPUクーラーの形状と機能
/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->

CPUクーラーの形状と機能

Intel製のリテールクーラーは現在円形をしています。Pentium時代は四角形のクーラーでした。
どちらもクーラー上部にファンが取り付けられていて、常時空気を循環させて冷却しています。この様にクーラー上部にファンが取り付けられている物をトップフローと呼んでいます。

オプションパーツとして販売されているクーラーは、横にファンが取り付けられているモデルがあります。こちらはサイドフローと呼ばれていて、主に大型のCPUクーラーに採用されている形式です。


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

空冷式のCPUクーラーは、大きく分けてトップフロー型とサイドフロー型の2種類で、その形状が冷却性能に大きく影響しています。
それぞれの長所と短所をまとめました。

サイドフロー型

長所
クーラーが横向に取り付けられているので空気の通りを遮る物が無く効率が良い
ケースのエアフローに合わせてファンを設置する事でさらに効率を上げることが出来る

短所
ファンが縦向きに配置するため、背が高く、大型のケースが必要になる
ファンの風がマザーボードに直接当たらないので、メモリやチップセットの発熱を冷却できない

トップフロー型

長所
クーラーの上部から風を当てる構造のため、背が低く、省スペース型のケースにも収まりやすい
CPUファンの風がマザーボードにも当たるので、システム全体の冷却にも役に立つ

短所
マザーボードに向かって風を送るので、スムーズに空気が流れず効率は悪い
背が低い半面、横に広がった製品も多く、取り付け後のメンテナンス性を悪化させる可能性がある


冷却効率は理論上の話ではなく、実際の測定値に差がでています。雑誌のクーラーの性能比較などを見ると、トップフロー型はサイドフローと比べて5℃〜15℃程度、温度が高いという結果でした。中にはリテールクーラーとほとんど差が無い製品も存在しました。
逆にサイドフロー型の製品はどれも安定して高い冷却性能を示しており、リテールクーラーと比べ、20℃近い冷却性能を示しています。
製品の違いによる温度差も6℃程度で、言い換えれば1万円のクーラーも3千円のクーラーもそれほど変わらないという結果です。


しかし、サイドフローはトップフローのようにマザーボードを冷却する効果は見込めません。マザーボードの中には、トップフローを前提にした冷却設計になっている製品もあるので注意が必要です。P5B Deluxeがまさにそれです。
こうしたマザーボードはトップフローのクーラーを使うか、ケースの中に空気が滞留しないようなエアフローを考慮する必要があります。




/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->
HOMEへ戻る


Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド