×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


Home>>製品レビュー>>外付けHDD購入
/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->

I-O DATAの外付けHDD [HDC2]購入

RAID機能搭載の外付けHDD

  • 商品名: HDC2-U1.0
  • 参考価格:1,9000 円〜(税込、送料別)
  • おすすめ度:★★★★★★☆☆☆☆(6点)
  • 備考:1GB、2GBモデルの2種類有。

今回、RAID対応の外付けHDDを購入しました。
HDDは消耗品と考えています。当然壊れる物として扱うべきです。「壊れる前に買い換える」が基本です!
前回購入した外付けHDDが3年経過し、容量も少なくなったことから、新しいHDDを買うことにしました。

容量は500GBもあれば十分。ただ、最近はHDDの大容量化に伴い、ほとんどの製品が1TBの容量を持っています。価格も1〜2万円ほど、とても安くて驚きです!
ただのHDDではつまらないので、RAID機能を持ったモデルを買ってみました。
I・O DATAのHDC2シリーズは、HDDが2台セットになっており、RAID0、RAID1、ノーマルの3種類のモードから好きなモードを選び、使用することが出来ます。

本来なら、高速優先のRAID0(ストライピングモード)と行きたい所ですが、バックアップ専用なので、RAID1(ミラーリングモード)で使用します。


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

詳細レポート

ファンレスモデルです。熱がきちんと逃げるのか心配になりますが、大丈夫でしょう。




パッケージ内容


本体とアダプター、ケーブルと取扱説明書です。ドライバーCDは付属しません。
インターネット経由でダウンロードにて入手可能です。経費削減ですね!確かに、今までのCDは無駄だと思います。


  

HDD2台丸まる収まっているので、それなりに大きいですがデザインがシンプルな為、圧迫感はありません。
RAIDの設定は、製品背部にあるRAID SETUPボタンと前面にあるボタンによって切り替えます。
勿論、設定を切り替えれば、中身は全て消去されるので間違って押さないように注意が必要です。


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

使用した感想



本体がどのモードで動作しているのか、ひと目で分かるようにセンターライトが光っています。
使ってみた感想は、「結構うるさい」です。さすがに流体軸受けのHDDでも2台のHDDを並べて動作させると「ファー」と言う音が常時聞こえ耳障りです。

パソコンはかなり静音化されているので、余計に耳に付く音なのが残念ですね。
また、モードの設定を変更すると、ドライバをインターネットからダウンロードして、インストールする必要があります。他のパソコンに接続する時もドライバを入れる必要がある為、結構めんどくさいかも。

コレならLAN接続のストレージを購入した方が良いかも知れません。(買ってから気が付きました)




HOMEへ戻る


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド