×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


Home>>特集>>USB3.0導入
/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->

USB3.0とは

USB3.0とはデータ転送速度5.0Gbps/sのUSB規格の一つです。
従来のUSB2.0は理論最大転送速度が480Mbps/sですから、約10倍の転送速度を実現できることになります。

勿論、USB3.0は、下位のUSB2.0、USB1.0など、従来のUSB規格と互換性も持っています。例えば、USB2.0のコネクタにUSB3.0などの機器をつなげても、問題なく使用できます。(ただし、転送速度はUSB2.0になってしまう)

/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->



USB3.0の導入


USB3.0対応HDD
HD-H1.0TU3
USB3.0インターフェイスボード
IFC-PCIE2U3


私のマザーボードにはUSB3.0がオンボードされていない為、まずインターフェイスボードを別途購入してパソコンをアップグレードする必要が有りました。
最近のマザーボードには当たり前についているUSB3.0規格ですが、4年も前のパソコンには付いていません。

そして今回、USB3.0の速度を十分に発揮させるため、バッファローのHD-H1.0TU3を購入!

/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->


インターフェイスボードの取り付け

まず、インターフェイスボード(IFC-PCIE2U3)の増設から始めます。




USB3.0のインターフェイスボードはSATA機器の電源ケーブルから電力を供給する必要があります。
この接続をしないと:、USB3.0が正常に機能しません。↓



PCI Express x1スロットにボードを取りつけます。


説明書通りにボードを取り付けたら付属のドライバCDからインストールします。
インストールは、ほぼ全自動で終了します。これで、めでたくUSB3.0環境の導入が完了しました。

では実際にUSB3.0のHDDを接続し、どの程度の速度が出るのかベンチマークを利用して測定してみました。

ベンチマークの結果は?

今回の測定はHD-H1.0TU3をUSB2.0のスロットとUSB3.0のスロットを測定毎に入れ替えベンチマークする事にしました。

ベンチマークに使用したソフトはCrystalMark09です。CrystalMark09はCPUやグラフィックなど、さまざまなパフォーマンスを測定できますが、今回は簡易的にHDDの性能測定に限って測定しました。

測定結果は以下の通り

USB2.0の測定結果↓


USB2.0の測定結果↓



当然理論値にはなりませんが、読み込み速度がUSB2.0は39.69MB/sだったのに対し、USB3.0の方は137.85MB/sです。
理論値換算で本来10倍の転送速度が得られるはずですが、約3.5倍程度の速度が出ました。
Random Read 64Kの数値がほとんど同じなのはHDD本体の速度限界が原因で、ランダムアクセスに弱さを露呈する形になりました。

これから、高性能で大容量低価格のSSDの登場に期待したい所です。


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド