×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->
ビデオカードの基礎知識についてはこちらへ⇒ビデオカードの基礎知識
ビデオカードの種類・選び方についてはこちらへ⇒ビデオカードの選び方

ビデオボードを買ってみよう!

下の図は、ドスパラのビデオカード メニューを選択したものです。


/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

サイドメニューからビデオカードチップや種類から大まかに絞り込む事が出来ます。
どのメーカーのチップを購入するか、あらかじめ決まっている方はこちらを利用した方が早く目的のパーツを選ぶことが出来ます。

ビデオカードの選び方


上のサイドメニューからNVIDIA GeForceを選ぶと下記の様な検索画面に変わります。
上から「チップ」、「メモリ容量」、「冷却」、「モニター出力」、「価格」、「メーカー」などのキーワードから製品検索できます。

ビデオカード検索

製品スペックの見方

製品の説明画面では、製品画像や、スペックを一目で確認することが出来ます。

ビデオカード購入

製品スペックの欄には、「チップ」、「接続」、「メモリ容量」、「メモリバス幅」、「モニタ出力」、「冷却」、「補助電源の有無」、「その他」の順に情報が記載されています。


「チップ」
ビデオカードの性能を左右する重要な部分です。ビデオカートを購入する場合どのチップにするかをまず決めます。ビデオチップの選び方は後ほど説明します。

「接続」
ビデオカードを接続するための規格です。マザーボードに合わせて選択します。

「メモリ容量」
ビデオカードが搭載している。メモリの容量と種類を示していて、ビデオカードの画像データを保存しておくメモリのことです。大きいディスプレイで3Dゲームをする場合は特に、メモリ容量を多くする必要があります。

「メモリバス幅」
メモリに流れるデータの大きさです。当然バス幅が大きい方が高速で動作します。

「モニタ出力」
モニタの出力規格と、端子の数を示しています。

「冷却」
製品の冷却機構を示しています

「補助電源の有無」
スペックの高い製品には、補助電源を必要とする物があり、電源供給無しには動作しません。
よって、電源がビデオカードの補助電源をサポートしているか確認する必要があります。

「その他」
その他の機能についてしてしています。

/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

ビデオカード選びのヒント

ビデオカードの性能はビデオチップとメモリ容量によってほぼ決定新す。
最新チップの情報は、nVIDIARADEON それぞれのWebサイトに記載せれています。
グラフィックカードはパソコンパーツの中でもとりわけ製品の移り変わりが激しいので公式サイトを有効に活用しましょう。

ゲーム用PCであるなら、もちろん上位機種。価格帯は3万5千円以上の製品がこれにあたります。
また、ビデオカードを2枚以上並列動作させ、処理速度を向上させるSLIを導入する時は、ビデオカード、マザーボードともにSLIに対応しているか、きちんとチェックしましょう。

ゲームはしないがOSのAeroを快適に動作させたい場合は、中位クラスのモデルを選択します。価格帯で言うと、1万円〜3万円のモデルがそれにあたります。
このレンジのビデオカードの中には、ファンレスモデルも多数展開されているので静かなマシンを作製する時に有効です。

1万円を切るモデルは下位製品となり、性能も低くなりますが、オンボードグラフィックよりま良くなります。Windows Aeroも実用的に動作するモデルも多くあります。

「TV-OUT」、「Sビデオ端子」、「デジタルDVI出力」は使用する環境に応じて、選びます。れてびに接続しないのであれば、「TV-OUT」、「Sビデオ端子」は必要ありません。しかし、「デジタルDVI出力」はこれからのことを考えてできれば装備したいものです。現在使用しているディスプレイがアナログでも、変換アダプタが1000円位で発売しているので問題なく使用できます。「デジタルDVI出力」に対応していればディスプレイをデジタルタイプに交換したときに有利です。 

ビデオボードに取り付けてあるクーラーもポイントになります。ハイエンドモデルは、発熱量も多く、ほとんどの製品でファンが取り付けてありますが、ミドルレンジクラス以下の製品はファンレスタイプも少なくありません。静音化にも大きく貢献するでしょう。しかし、こうした製品は完全にエアフローが無い状態を想定しておらず、ケースファンとの併用を想定した設計になっています。

以上の要領でビデオカードを選んで行きましょう。



>>続いて、HDD選びに移ります

/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

1.パーツ選び実践編
2.CPU選び
3.マザーボード選び
4.メモリ選び
5.ビデオボード選び
6.HDD選び
7.光学ドライブ選び
8.PCケース選び
9.電源選び

HOMEへ戻る


Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド