×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


マザーボードの基礎知識についてはこちらへ⇒マザーボードの基礎知識
マザーボードの種類・選び方についてはこちらへ⇒マザーボードの選び方

マザーボードを買ってみよう!

CPUを選んだら、マザーボードを選択します。
Faith iconのマザーボードは下のメニューから、Intel対応マザーボードか、AMD対応マザーボードか、選択します。




リンクをクリックすると、下のような製品一覧ページが表示されます。
ここでは、Intel対応のマザーボードを選択しました。

マザーボード検索方法


検索方法
↓画面上部に商品検索画面があります。↓
まず、カテゴリをマザーボードにします。
次に、右にあるテキストボックスに購入予定のCPUソケット名や、その他の情報(フォームファクタなど)をスペースを空けて入力します。
「AND」、「OR」検索が出来るので有効に利用しましょう。




製品スペックの見方

製品の説明画面は、マザーボードの対応ソケットや、価格在庫の有無など購入に必要な情報を見ることが出来ます。

画面には、「メーカー名」、「Socket」、「拡張スロット」、「フォームファクタ」、「メモリスロット」、「チップセット」、「セット商品」、「納期」などの情報が記載されています。

「メーカー名」
マザーボードのメーカーが記載されています。GIGABYTEやASUSTeKなどが有名です。

「Socket」
対応するCPUソケットを示しています。CPUに合わせてソケット形状を選びましょう。

「拡張スロット」
PCIスロットなどの拡張ボードを挿入できる空きスロットの種類と数が書かれています。

「フォームファクタ」
マザーボードの大きさの規格を示しています。

「メモリスロット」
メモリを搭載することの出来る、最大の容量を示しています。また、使えるメモリの種類や、最大動作速度も一緒に書かれています。

「チップセット」
CPUを正しく動作させるためには、同じ規格のCPUソケットであっても、チップセットが対応していないと動きません。チップセットの確認方法は後ほど説明します。CPUとメモリの制御に使用されるノースプリッジ(画面ではLGA775)と、I/Oの制御に使用されるサウスブリッジ(画面ではICH8R)が示されています。

「セット商品」
マザーボードに付属する商品がある場合、記載されます。

Faithの検索画面で商品を絞り込むことは出来るのですが、インターフェイスや、FSB周波数などの情報が一覧で表記されていません。
いちいちメーカーのサイトで確認するのは面倒なので、マザーボードの検索はドスパラの商品検索を利用することをおススメします。

ドスパラでの検索方法はこちらで説明しています。


マザーボード選びのヒント

Intel製CPUはソケットが同じでも、チップセットによって使用できない場合があります。使用できるチップセットを知りたい場合はIntelのホームページにいけば調べることが出来ます。

AMD製のチップセットは、ソケットが合えば動作しますが、CPUのパフォーマンスを上げるためには、マザーボードメーカーのホームページに行き、対応するCPUをチェックしましょう。下に、主なマザーボードメーカーのCPU対応表があるページをリンクしました。
参考になると思います。
GIGABYTE
ASUSTeK
Intel
MSI
AOpen

Intel製のCPUを選んだ場合はIntelのチップセットを、AMD製のCPUを選んだ場合はNVIDIAのチップセットから、選ぶのが無難だと思います。

CPUをすでに選んでいる場合は、ソケットの規格でマザーボードを絞り込むことが出来ます。
さらに、その他の機能について選んで行きます。
ビデオカードを搭載するならPCI Express×16スロットは押さえておきましょう。ビデオカードは使用せず、オンボードで済ませたい人は、VGA機能が付いているマザーボードを購入しましょう。
同様に、メモリも高速のDDR2を使いたい場合は「メモリスロット(DDR2)」の数を確認し、サウンド機能をオンボードで済ませたい人は「SOUND機能」にチェックはあるか、という具合にマザーボードを絞り込みます。


最後にチェックすべきポイント

マザーボードが3〜4種類くらいに絞り込めたら、メーカーのホームページに行き、さらに詳しく説明を見ます。
(CPUとの互換性、付属ソフトの有無、デュアルチャンネル対応など。)

最後にマザーのFSB周波数が、CPUに対し適切かを確認します。例えば、Core 2 DuoのFSBは1,066MHzなので、この性能を100%発揮させるためにはマザーボード側のFSBも1,066で動作する必要があります。
一般に、マザーボードのFSBがCPUのものより低い場合、そのCPUに対応していない事になっているはずです。
しかし、念には念を入れて確認しましょう。メーカーのホームページに行けば確認することが出来ます。
FSBについてはこちらを参照してください

マザーボードを一つに選択できたらメモリを選びます。
その前に、選んだマザーボードのメモリスロットの種類(DDR2)などや、HDDの接続の種類、PCI Expless×16の有無など、製品仕様と備考をメモしておきましょう。


>>次はメモリを選びます。


1.パーツ選び実践編
2.CPU選び
3.マザーボード選び
4.メモリ選び
5.ビデオボード選び
6.HDD選び
7.光学ドライブ選び
8.PCケース選び
9.電源選び

HOMEへ戻る


ad_client = 41632; ad_start_count = 1; ad_end_count = 4; ad_total = 4; ad_format = "h182x74"; ad_width = 728; ad_height = 74; color_border = "FFFFFF"; color_bg = "FFFFFF"; color_link = "0000FF"; color_text = "000000"; color_url = "008000"; //--> src="http://ad.pitattomatch.com/js/advertise.js">

Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド