×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->
HDDの基礎知識についてはこちらへ⇒HDDの基礎知識
HDDの種類・選び方についてはこちらへ⇒HDDの選び方

HDDを買ってみよう!

下の図は、パソコン工房 iconのHDDを選択したものです。



サイトの左下にある、メニューで内臓ストレージを選択します。↓


HDDはUltraATAとSerialATA接続の2種類あります。SerialATAが主流なので、SerialATA接続のHDDを選びましょう。


/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->
/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->

製品スペックの見方

ビデオカードの詳細スペックの見方を説明します。↓



「容量」
HDDのデータ記録容量です。

「接続方式」
マザーボードとの接続方式の規格です。

「回転数」
プラッタの回転速度を表しています。この数字が大きいほど内部転送速度が向上します。

「バッファ」
HDDとPC内部の転送速度の差を補うために、データを一時的に保存しておくメモリの容量のことです。

「平均シークタイム」
記録ヘッドがディスク上の目的の「読み出し位置」、または「記録位置」に到着するまでの時間です。当然時間が短い方がHDDの読み書き速度が向上するので、出来るだけ時間の短いものを選びます。


HDD選びのヒント

HDDはどれも性能が似ているので、バルク品で十分だと思います。しかし、メーカー製のHDDは保証があるので、予算などで判断します。選ぶポイントとしては、容量、回転数、価格で大まかに絞り込みます。
流体軸受けは、動作音も少なく、耐久性も高い為、お勧めです。
また、HDDをRAID0で高速動作させたい場合は同じ製品、同じ容量のHDDを2つ以上購入する必要があります。


>>続いて、DVD/CDドライブを選びます

/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->
1.パーツ選び実践編
2.CPU選び
3.マザーボード選び
4.メモリ選び
5.ビデオボード選び
6.HDD選び
7.光学ドライブ選び
8.PCケース選び
9.電源選び

HOMEへ戻る


Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド