×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->
ビデオカードの基礎知識についてはこちらへ⇒ビデオカードの基礎知識
ビデオカードの種類・選び方についてはこちらへ⇒ビデオカードの選び方

ビデオボードを買ってみよう!

下の図は、パソコン工房 iconのグラフィックカードを選択したものです。



ビデオカードは、メーカーやGPUの種類などから絞り込むことが出来ます。
3Dのオンラインゲームなどをプレイする場合は対応するスペックのビデオカードを選ばなくてはいけません。
パソコン工房のゲームPC icon で使われているグラフィックカードなど参考になると思います。

製品スペックの見方

ビデオカードの詳細スペックの見方を説明します。↓



「GPU」
ビデオカードの性能を左右する重要な部分です。ビデオカートを購入する場合どのGPUチップにするかをまず決めます。

「接続バス」
マザーボードに接続する為の規格です。マザーボードに対応するスロットがある事を確認します。

「メモリ容量」
画像処理データを保存するメモリの容量です。大きいディスプレイで3Dゲームをする場合は特に、メモリ容量を多くする必要があります。

「出力」
モニタへ映像を出力する為の規格です。

「コアクロック」
GPUの動作クロックです。

「メモリクロック」
メモリの動作クロックです。

「メモリバス」
メモリのバス幅です。

「対応API」
DirectX 10 などのAPIの対応です。



/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->
/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->


ビデオカード選びのヒント

nVIDIAの型番の見分け方

ビデオカードは、価格でおおよその性能が分かりますが、ここで簡単にnVIDIAの型番から性能を確認する方法を説明します。

nVIDIAはGeForceシリーズを展開しています。
GeForce 9800 GTXを例にします。
9→世代
8→性能
00→バージョン
GTX→グレード
をあらわしています。

グレードには
GTX>Ultra>GT>GTS>符号なし>GS>SE>LE
と言う順で性能が上がっていきます。

ちなみに、第10世代の製品はGeForce GTXシリーズとなり、より名称が複雑化しています。
単純に世代が上がれば性能も向上しますが一世代前のハイエンドモデルに最新のローエンドクラスが性能で劣ることはよくあり、型番だけで性能の比較が難しい所以です。

「TV-OUT」、「Sビデオ端子」、「デジタルDVI出力」は使用する環境に応じて、選びます。れてびに接続しないのであれば、「TV-OUT」、「Sビデオ端子」は必要ありません。しかし、「デジタルDVI出力」はこれからのことを考えてできれば装備したいものです。現在使用しているディスプレイがアナログでも、変換アダプタが1000円位で発売しているので問題なく使用できます。「デジタルDVI出力」に対応していればディスプレイをデジタルタイプに交換したときに有利です。 

ビデオボードに取り付けてあるクーラーもポイントになります。ハイエンドモデルは、発熱量も多く、ほとんどの製品でファンが取り付けてありますが、ミドルレンジクラス以下の製品はファンレスタイプも少なくありません。静音化にも大きく貢献するでしょう。しかし、こうした製品は完全にエアフローが無い状態を想定しておらず、ケースファンとの併用を想定した設計になっています。

以上の要領でビデオカードを選んで行きましょう。



>>続いて、HDD選びに移ります

/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->
1.パーツ選び実践編
2.CPU選び
3.マザーボード選び
4.メモリ選び
5.ビデオボード選び
6.HDD選び
7.光学ドライブ選び
8.PCケース選び
9.電源選び

HOMEへ戻る


Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド