×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者の為の自作パソコン・自作PCの作り方 & パソコンパーツ購入ガイド

自作PC (自作パソコン)大図鑑
自分だけの一台を作ろう!

パソコンをすでに持っている方でも、「もう少しここがこうなったらいいのに」と思ったことは無いでしょうか?
そんな不満なく、自由にパーツを組むことが出来るのが自作PCの最大の魅力です。


Home>>パーツの選び方>>メモリ
/* 728x15, 作成済み 10/09/21 */ //-->

メモリの選び方

メモリ選びの基礎

メモリの基礎知識についてはこちらへ⇒メモリの基礎知識
メモリの購入予定の方についてはこちらへ⇒メモリ購入ガイド

/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->
/* 300x250, 作成済み 09/04/08 */ //-->


規格を確認しましょう ・・・PCのメモリは規格が多く間違えがちです。お店で購入する場合は店員に確認を取りましょう。メモリの型番だけでは規格がわからない物があります。ネット通販では検索機能で規格を絞ることが出来るので間違いは少なくなると思います。

確認ポイントをまとめました。

規格
デスクトップ用

ノートパソコン用


速度
例:PC2-2700

PC2:PCとPC2の二種類あります。PCはDDRのメモリの場合、PC2はDDR2のメモリの場合となります。

2700:メモリの速度を表しています。数値が大きくなるほど高速です。



相性・・・メモリとマザーボートは同じ規格で購入しても動作しないときがあります。いわゆる相性の問題とされているもので、メモリを購入した場合、運が悪いと動作しないことがあります。
マザーボードメーカーから動作保障されている型番を公開しています。不安な人は型番指定での購入をお勧めします。
販売店側もこうした相性問題の解決策として、有料で交換保証を付けられます。


デュアルチャンネル ・・・デュアルチャンネルにしようとした場合は同じ型番のメモリと同じ容量でなければ正しく動作しません。
同じ製品を一度に買うことをお勧めします。後で買おうとしてもなかなか同じ型番の物は見つからない物です。

総括


容量と予算に応じメモリを決めていくことになると思いますが、一般にWindows XPを使う場合、512MBは最低必要です。予算に余裕があるのなら1GB以上をお勧めします。512MBだと複数のプログラムを動作させると、容量が足らなくなる可能性があります。



/* 728x90, 作成済み 08/12/08 */ //-->

<参考ページ>


その他、以下のページでも各種最新パーツをチェックできます。




CPUの選び方
冷却装置の選び方
マザーボードの選び方
HDDの選び方
光学ドライブの選び方
メモリの選び方
ビデオカードの選び方
ケースの選び方
電源の選び方
OSの選び方
ディスプレイの選び方


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.

src="http://x4.kusarikatabira.jp/ufo/05200500a"> 初心者必見! 一眼レフカメラ入門初めての金庫購入ガイド